【初公開】YouTube5万人の収益はこちら >>

MD Blankの使い方を徹底解説!透明ウィジェットアプリでホーム画面をカスタマイズ!

この記事では、ウィジェットアプリ「MD Blank」について徹底解説します。

パンダ

MD Blankとはどういったアプリ?
MD Blankの使い方を知りたい!

そんな悩みを解消します。

ホーム画面デザイン無料配布中
  1. 3万人以上が使ったホーム画面無料配布!
  2. デザインの数は「30種類以上」
  3. ホーム画面をおしゃれに・使いやすく!
  4. 今ならロック画面のデザインも受け取れる
目次

MD Blankとは?

MD Blankは、透明ウィジェットを作成することができるアプリです。

透明ウィジェットアプリでは、「Yidget」などが有名ですが、「MD Blank」は使い方が非常にシンプルで簡単なので、おすすめです。

実際に「MD Blank」を使用すると、以下の画像のようにホーム画面の一部を透明にすることが可能です。

ホーム画面をおしゃれに、カスタマイズしたいという方は必見のアプリです。

MD Blankの料金は?

MD Blankは、無料アプリとなっています。

使い方

それでは、「MD Blank」の使い方を解説していきます。

アプリをインストールする前に事前準備を行います。

・iPhoneの「ホーム画面」、アイコンのない部分を長押し。

・画面を右に移動していきます。

・アイコンのない、こちらの画面が表示されれば、スクショしましょう。

▼アプリ : MD Blank
※クリックするとアプリのインストール画面に飛びます。

・「MD Blank」のアプリをインストールし、開きましょう。

・「Light」または「Dark」を選択しましょう。

  • Light : iPhoneがライトモードを使用中
  • Dark : iPhoneがダークモード使用中

・先ほどスクショした画像を選択。

このように設定されていれば、OK

・ダークモードの方も同じく設定されているはずです。

・アプリを閉じ、ホーム画面、アイコンのない部分を長押し。

・「+」を選択しましょう。

・「MD Blank」のアイコンを選択s。
※アプリ名がないので注意しましょう。

・ウィジェットのサイズ(小、中、大)を選択し、「ウィジェットを追加」を選択しましょう。

すると、ホーム画面に追加されます。

ただ、透明になっていない場合もあるはずです。そんなときは、ウィジェットを長押し。

・「ウィジェットを編集」を選択。

・ウィジェットの位置に対応させていきます。

  • V-Pos … Top(上)、Mid(真ん中)、Bottom(下)
  • H-Pos … Left(左)、Right(右)

今回は、ウィジェットの位置が左下なので、

V-Posを「Bottom(下)」、「H-Pos」を「Left(左)」にしています。

すると、このように透明ウィジェットを作成できます。

ホーム画面デザイン無料配布中!

10,000人以上が使った「iPhoneのホーム画面のカスタマイズ」デザインを無料で配布しています。

30以上のデザインを誰でも、無料で受け取ることができるので、是非、チェックしてみて下さい!
>> ホーム画面のデザインを受け取る方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次