iPhone

【圧倒的な違い】iPhoneのバッテリー充電の減りを長持ちさせる方法

この記事では、iPhoneのバッテリーを少しでも長持ちさせる方法についてわかりやすく解説します!

今回ご紹介する内容を行ってもらえれば、iPhoneの「バッテリー持ち」がよくなります。

iPhoneのバッテリーの仕組み

では、まず、設定で長持ちをさせるという方法も効果的ですが、

iPhoneのバッテリー自体がどう言ったものなのかを知って、どのようにバッテリーが減っているのかをお伝えしていきます!

iPhoneのバッテリーは、「リチウムイオン電池」が採用されており、バッテリー容量の「80%まで」は、より多くの電力をより早く充電します。

その後「80%から100%」は、トリクル充電というものに切り替わり、電力を弱め、ゆっくり充電し、バッテリーの耐用年数を伸ばしています。

パンダ

80%までは、すぐ充電できるけど、それ以降は、なかなか充電できない!と感じることはないでしょうか?

「耐用年数」という言葉が出てきたとおり、バッテリーにも寿命があり、使えば使うほど、最大容量は減ってしまいます!

そのため、最大容量をいかに減らさないかが、バッテリーを長持ちさせれるかのポイントになります。

バッテリーの最大容量が減る要因

では、何をしたらバッテリーの最大容量が減ってしまうのか?です。

その要因は大きく2つあります。

  • 化学的経年劣化
  • 使い方

化学的経年劣化

バッテリーは消耗品になるため、年が経てば経つほど性能が低下してしまいます。

そのため、ずっと同じバッテリーを使っていると、自然と劣化が進み、充電可能な最大容量が低下し、その結果、充電の減りが速くなってしまうということです。

こちらには、iPhoneを使用する時間の長さであったり、iPhoneの手入れの仕方なども関係してきます。

使い方

iPhoneを使っている際の設定や、使っている環境などもバッテリーの減りに繋がる要因です。

例えば、iPhoneを使っている温度が、寒すぎたり低すぎたりすると、バッテリーには良くありません。

16℃〜22℃」がもっとも良い温度とされており、これらの温度範囲でiPhoneを使用することは、バッテリーを長持ちさせれるポイントの一つです。

バッテリー持ちを長持ちさせる設定に関しては、Appleは6つの設定をお勧めしています。

画面の明るさを調整

こちらは、既に使いこなしているという方が多いかもしれませんが、画面の明るさを暗くするというもの。

明るさの調整は、

「コントロールセンター」>「太陽のマーク」

また、以下の設定も効果的です。

「設定」>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」>「明るさ調整」

WiFiの使用

デバイスを使ってデータにアクセスする際は、Wi-Fi接続は携帯電話ネットワークよりも消費電力が少ないため、wifiを使うとバッテリーを節約できるというもの。

こちらに関しては、WiFiを使うことで節約できる可能性はありますが、全てのWiFiが安全というわけではないので、自宅にあるWiFiなど、安心して使えるWiFiを使用するのが重要です。

バックグラウンドの処理

アプリケーションのバックグラウンド更新を許可する機能をオフにすると、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。

「設定」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」

完全にオフにすることが一番効果はありますが、アプリごとの設定もできるので、使わないアプリだけでもおふにしておきましょう。

位置情報サービスをオフ

アプリケーションの位置情報サービスをオフにすると、バッテリー駆動時間を最適化できます。

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」で設定をオフにしてください。

機内モードをオン

圏外や、通信電波の弱い場所では、機内モードをオンにし、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。

ただし、機内モードがオンの状態では、電話の受発信ができないので注意してください

低電力モードを有効

こちらも、多くの方が使っている設定かと思いますが、充電マークが黄色になる機能です。

簡単に説明すると、使える機能を制限して、バッテリー持ちを良くしてくれるという機能です。

低電力モードにすることで、先程ご紹介した「画面の明るさの調整」や、「Appのバックグラウンド更新」などの機能が制限されます。

つまり、逆を言えば、低電力モードで制限される機能や設定をオフにすればバッテリーを長持ちできるということです。

バッテリーの交換・買い替えタイミングは?

iPhoneには、「設定」>「バッテリー」から、バッテリーの状態を確認できます!

こちらの最大容量が「80%」を下回っている場合で、

  • 以前よりも明らかに充電の減りが速くなった!
  • 動作がおかしい!

という方は、バッテリー交換または、iPhoneを買い替えるタイミングだと思います。

少しでも気になる方は、バッテリー交換・新しいiPhoneの購入したを検討してみてください!

こちらの記事もおすすめ!