iPhone

【マスクをしたままFace ID】Apple Watch不要!iPhoneの顔認証を設定する方法【iOS15.4】

この記事では、「iOS15.4」のアップデートで追加された新機能「マスクをつけたままFace ID」の具体的なやり方とその注意点について解説します。

「マスクをつけたままFace idを使いたい」「Apple Watchを持っていないけど大丈夫?」

そんな悩みをお持ちの方は、この記事を最後まで読めば、全て解決できます。

わかりやすくご紹介しますので、ぜひ、参考にして下さい。

使用条件・対象機種

では、まずは、「マスクをつけたままFace ID」を利用するするための条件を確認しましょう。

「マスクをつけたままFace ID」を利用するためには

  • iPhone12・13シリーズであること
  • iOS15.4以上にアップデートしていること

この2つが必要になります。

iPhone12・13シリーズでは、他のiPhoneに比べ、顔認証時に認識できる角度が広くなっていることから、マスク着用時でもFace IDが利用できます。

以上の2つの条件を満たさない場合は、「マスクをつけたままFace ID」は利用できないので、注意してください。

設定方法

まずは、iPhoneのバージョンを確認していきます。

バージョンの確認

・「設定アプリ」を開き、「一般」を選択しましょう。

・「ソフトウェア・アップデート」を選択しましょう。

・こちらの画面になっていればOK! (アップデートが完了している画面)

この画面になっている場合は、アップデートしましょう。(アップデート完了していない画面)

Face IDの登録

では、続いて、「設定アプリ」>「Face IDとパスワード」を開きます。

・iPhoneで設定している「パスコード」を入力しましょう。

※ロック画面を解除する時に使用しているパスワードです。

既ににマスクをつけずにFace IDを登録している場合

・「マスク着用時Face ID」があるので、「オン」にしましょう。

・この画面では、上側の「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択しましょう。

すると、もう一度、顔認証が始めるので、行いましょう。

※マスク着用時にFace IDを使用するを選択しても、マスクを着用して、設定する必要はないので注意してください。

・「開始」を選択しましょう。

・顔認証を開始していきます!

・この表示になれば、設定は完了です。

これまで一度もFace IDを登録をしたことがない場合

・「Face IDをセットアップ」を選択しましょう。

・「開始」を選択しましょう。

・顔認証を開始していきます!

・「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択しましょう。

・この表示になれば、設定は完了です。

注意点

ただし、「メガネ」を装着した状態でのFace IDは大丈夫となっていますが、「サングラス」を装着した状態ではNGとなっています。

今回のこの機能では、目の周りの特徴を認識して認証を行います

サングラスをつけていると、目の周りが見えない見えづらいと言う問題が発生し、うまく認証できないと言うのが対応していない理由だと考えられます。

しかし、認証の仕方次第では、「サングラスをつけたままでも、Face IDを利用できた!」と言う意見もあるので、精度は低いかもしれませんが、完全に利用できないと言うわけではなさそうです。

使用するメリット

また、今回のアップデートで追加された、この機能を利用すれば、

Apple Watchを用いたiPhoneのロック解除では使えなかった、「Apple Payの認証」などもマスクをつけた状態で行えるので、ストレスなく使用することができます。

これからのシーズン、花粉なども多く飛ぶので、マスクをつけたまま、Face IDを利用したいと言うかたは必須の設定かと思います。

こちらの記事もおすすめ!