絶対に使いたいおすすめアプリ 20選

【iPhone】iOS15に隠された便利すぎるウラ技・新機能 20選

この記事では、「iOS15」のアップデートによって使えるようになった少し、裏技的な新機能をご紹介します。

あまり知られていないものもあると思うので、ぜひ、参考にして下さい。

目次

iOS15の裏技・新機能一覧

壁紙

ios15のアップデートによって壁紙が1つ追加されています。

①設定アプリ

②壁紙

③壁紙を選択

④静止画

左上の壁紙が新しい壁紙です。

こちらの壁紙はライトモード・ダークモードによって壁紙の色が変化するものとなっています。

ホーム画面

ホーム画面では、3つの新機能が追加されています。

ページの並び替え

ホーム画面を長押ししてもらって、編集画面を開きましょう。

続いて、画面下にある点を選択します。

すると、現在あるページが表示されます。

こちらはiOS14から確認できましたが、

ページごとに移動させると、このように並び替えが行えます。

また、こちらの画面で「チェック」を外すと、「-」が出てくるので、選択すれば、ページを一括で削除できます。

ウィジェット

ウィジェットを重ねて使用した時に表示される「スタックを編集」が簡単にできるようになりました。

これまでスタッツを編集の画面では、ウィジェットのアプリ名しか、表示されませんでしたが、ウィジェットデザインを確認できるようになりました。

そのため、同一のアプリでウィジェットを重ねていても、ウィジェットを間違えて消すということを防ぐことができます。

コントロールセンター

テキストサイズ

iOS15のアップデートにより、アプリごとにテキストサイズを変更できる機能が追加されています。

①設定アプリ

②コントロールセンター

③テキストサイズの左の「+」

これで、コントロールセンターに「テキストサイズ」のマークが表示されます。

アプリごとにテキストサイズを変更する方法は

①テキストサイズを変更したいアプリを起動

②コントロールセンターから「テキストサイズ」のマークを長押し

③「〇〇のみ」にチェックを選択

④サイズを変更すれば、文字の大きさを変更できます。

Shazamに履歴が追加

Shazamは周囲で流れている音の曲名やアーティスト名を調べることができる便利な機能です。

これまででは、過去に調べたものを再度、確認する機能はありませんでしたが、コントロールセンターを長押しすること、履歴が表示されるようになりました。

Safari

アドレスバーを上にあげる  

今回のアップデートにより、アドレスバーが下に移動したため、使用しづらいという方もいると思います。

そんな方は設定をすれば、これまで通り、上に移動することができます。

変更方法は2つあり、

・1つ目の方法

①アドレスバー左にある「ああ」を選択

②上のアドレスバーを表示

これでアドレスバーを上に表示できます。

・2つ目の方法

①設定アプリ

②Safari

③「シングルタブ」にチェック

これでアドレスバーは上に移動します。

タブの切り替え

タブの切り替えはアドレスバーを左右にスワイプすることで行えます。

タブの一覧

タブの一覧を開きたい場合は、これまで通り、右下のマークを選択することでも開けますが、

上にスワイプすることでも、タブの一覧を開けます。

ページの更新

これまで通り、更新マークを選択すれば、できますが、

ページを上から下に引っ張ることでもできるため、よければ活用してみてください!

Safariの背景を好きな画像に変更

①Safariスタートページの1番下「編集」

②背景イメージ「オン」

「+」を選択すれば、好きな画像を設定でき、他を選択すれば、選択したデザインが設定されます。

動画の再生ページの操作

Safariで動画を再生した時のページでの操作にも新機能が追加されています。

右下の「…」を選択すれば、「再生速度」と表示されるため、こちらから再生速度を変更できます。

YouTubeアプリでは、すでにできていましたが、Safariでも変更できるので、SafariでYouTubeを見るという方はおすすめです。

Safariでテキストを読み込み検索

Safariで検索をするときは、以下の方法がありました。

  • キーボードから入力する方法
  • 音声入力の方法

しかし、新しい入力方法が追加されています。

アドレスを入力する画面を長押しすると、スキャンのマークが出てきます。

こちらを選択すれば、カメラを起動するので、

文字が書かれたものをスキャンすれば、その文字を入力できます。

こちらはiOS15で追加されたテキスト認識表示という機能になります。

使用するには、

①設定アプリ

②一般 

③言語と地域

④テキスト認識「オン」

こちらの機能はSafariだけではなく、メモアプリでも、長押しをすれば、スキャンマークが出てくるので、同じように使用することができます。

メモ

拡大鏡

テキストを長押しすれば、拡大鏡が表示されるようになりました。

タグ

例えば、メモの中に「#iPhone」のように1つまたは複数のタグをつけます。

そうすると、ホーム画面の中にある「タグ」に先ほど入力したタグがあるため、選択すれば、簡単にそのタグのメモを見つけることができます。

そのため、複数のメモに共通のタグをつければ、簡単に共通のメモを見ることができます。

写真

写真のマークアップの画面で、右下の「+」を選択します。

すると、「説明」という項目が出てくると思います。

こちらを選択すれば、説明を入力することができます。

次に写真を上にスワイプすれば、

どこのアプリから保存したのかや、形式など写真の情報を確認することができます。

これまでは、写真をファイルに保存して確認しなければ、行けなかったので、簡単に見ることができて便利です。

写真をファイルに保存

写真アプリで「写真」を長押ししたまま、下に下げます。

その状態で「ファイルアプリ」を開くとその写真を「ファイルアプリ」に保存できます。

ファイル

ファイルのグループ分け

①ファイルアプリの右上「…」を選択。

②一番下、グループを使用「オン」

「フォルダ」「イメージ」「ムービー」などグループに分けられ、整理できます。

動画で「iOS15に隠された便利すぎるウラ技・新機能 20選」を確認する

YouTubeの方でも「iOS15に隠された便利すぎる裏ワザ・新機能 20選」を解説しています。

動画の方がわかりやすい点もあると思うので、参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる