iPhone

iOS14.8リリース!気になる新機能・アップデート内容は!?

Appleは現地時間9月13日、iOS14.8のアップデートをパブリック向けにリリースしました。

今回のiOS14.8のアップデートでは特に大きな変化はないですが、セキュリティに関するアップデートが含まれていますので、その内容とアップデートの方法についてご紹介したいと思います。

アップデート方法

では、初めにiOS14.8にアップデートする方法からご紹介していきます。

iPhoneのアップデートを行う場合は

①設定アプリ開きましょう。

②一般選択しましょう。

③ソフトウェア・アップデートを選択しましょう。

④「ダウンロードしてインストール」を選択しましょう。

⑤iPhoneが再起動されれば、アップデート完了。

以上がiOS14.8にアップデートする方法になります。

iOS14.8のアップデート内容

今回のアップデートは、新機能の搭載はなく、セキュリティに関するアップデートになります。

セキュリティアップデートに関しては、以下のサイトで詳しく紹介されています。

セキュリティアップデートについて

今回の具体的な内容は、

コアグラフィックス

対応機種 : iPhone 6s 以降、iPad Pro 全モデル、IPad Air 2以降、iPad 第五世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch 第7世代

影響 : 悪意を持って作成されたPDFを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。Appleは、この問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識。

説明 : 改善された入力検証により、整数のオーバーフローに対応。

WebKit

対応機種 : iPhone 6s 以降、iPad Pro 全モデル、IPad Air 2以降、iPad 第五世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch 第7世代

影響 : 悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。 Appleは、この問題が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識。

説明 : メモリの管理の改善により、解放後の使用の問題は対処。

今回のアップデートはすべてのユーザーに推奨されています。

是非、アップデートの参考にしてください。

動画でiOS14.8のアップデートを確認する

また、YouTubeでもiOS14.8のアップデートを解説しています。

よかったら参考にして下さい!

こちらの記事もおすすめ!